旧製品P-Pointerのご紹介

詳しい資料はこちら
SERVICE

旧製品P-Pointerの機能・製品紹介

P-Pointerは、PC内の個人情報ファイルを高速で検出する個人情報検出ソフトです。
高度な検出機能と詳細な検索条件設定機能を活用することで、企業、組織の運用に合わせた運用が可能です。
またインストール不要な実行ファイル形式ですので簡単にお使いいただけます。
P-Pointerを利用して定期的に個人情報の監査、棚卸しとファイルの整理を行うことで情報漏洩リスクを低減。
従業員のセキュリティ意識向上にも効果的です。

PCへのインストールの手間がなく、導入もかんたん!
すぐに個人情報ファイルの調査を始めることができます。

FEATURES

旧製品P-Pointerの各機能ご紹介

01

シンプルな操作で個人情報ファイルを点検

手動実行の際、従業員が操作に迷うことなく検索できるよう、「開始」、「一時停止」、「終了」だけのシンプルな画面になっています。 従業員画面からは、管理者が指定した検索条件を見ることはできません。
02

手動によるファイル整理

画面上でファイルを開いて確認したり、重要ファイルをよりセキュアなフォルダやごみ箱へ移動することができます。
03

フレキシブルな検索条件設定ができる管理者機能

●検索設定
管理者は管理画面で、検索条件、実行ファイルの配置先を設定できます。
●結果確認
管理者は、各PCの個人情報検出結果を確認できます。  結果データは、サマリ情報とファイル詳細情報の2種類があります。
●レポーティング
検出結果は、xml形式で管理画面より出力することができます。
p-pointer_04
04

便利な集計補助機能

管理画面から出力したxmlデータを付属のExcelマクロに1ボタンで取り込むことができます。 取り込まれた結果データは、1PC毎に1Sheetとして自動分割されますので、簡単に帳票データを作成し、個人や部門に結果をフィードバックすることができます。
05

P-Pointer集計オプションツール

別売のP-Pointerオプションツール(アグレックス社製)を利用し、P-Pointerの結果データを、Active Directoryドメインに登録されたユーザ情報、または人事マスタデータ(CSVファイル)に紐付けることで、検索の有無確認や部署別、個人別の集計、グラフ作成を簡単に行うことができます。
p-pointerr_05
OPERATING ENVIRONMENT

動作環境

※記載されている内容に関わらず、製造元のサポートが終了した製品・サービスは、
当社製品の動作環境としてサポート範囲外となる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

管理コンソール インストール先

OS Windows 10/8.1/7の各エディション
Windows Server 2019/2016/2012/2008の各エディション
※32bit/64bit 動作確認済み
CPU Intel 互換1.0GHz 相当(2.0GHz以上推奨)
メモリ 512MB以上(1GB以上推奨)
HDD 1GB以上の空き容量推奨+結果データの容量
※結果データはお客様のデータ保有量によって異なります。

スキャン対象のPC

OS Windows 10/8.1/7の各エディション
※32bit/64bit 動作確認済み
CPU Intel 互換1.0GHz 相当(2.0GHz以上推奨)
メモリ 512MB以上(1GB以上推奨)
HDD 1GB以上の空き容量推奨+結果データの容量

注意事項

※記載されている内容に関わらず、製造元のサポートが終了した製品・サービスは、当社製品の動作環境としてサポート範囲外となる場合があります。詳しくはお問い合わせください。
CONTACT

個人情報の管理はP-Pointerにお任せください。
まずは無料のお試し版を体験しませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら
平日10:00~18:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
サービスのお役立ち資料を
ご用意しています
無料体験版はこちらから
お申込みください